アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

木工細工の木の花堂さん

貧乏人の私が、迷い迷った挙句に致し方なく購入してしまったほどの
お気に入り作家さんを紹介していくコーナー。
第五回は「木の花堂」さん(http://konohanado.ocnk.net/)。

先日の中野セントラルパークMOTTAINAIてづくり市で、
素敵な木工細工の作家さんを見つけました。
とにかく木が好きで、木工屋さんには目がない。

最初は、楢の木を丸太から削りだした小さな器が
目についたのがきっかけでブースにふらふらと
立ち寄りました。

20120827_1ba696
ナラの木のマスタード入れ

大きさは8cm×4cmくらいだったかな。

とにかく独特の方法で作られているので、木目の出方が素晴らしい。
ご主人はマスタード入れと想定してたようですが、
私は小さなアクセサリ置くのにぴったりだな、と。

いろいろ拝見しているうちに、またしても気になるアイテムを発見。
ウッドリングがたくさん!
しかもイベント価格ということで、お安くなっていました。

いろんな木が選べて、サイズも豊富。
自分のサイズに合うものから私が選んだのはこれ。

R0013115

ブラックウォルナットのリングです。
数ある木の中でも、ウォルナットには目がありません。

正直、とても迷ったんです。楢の木削りだし小物いれと。
ふたつ買う予算はないし……
ただ、私の部屋には売り物にならない陶磁器の
アクセサリ入れがたくさんあって、正直置く場所が思いつかなかったんですね。

結局、ウッドリングを購入させていただきました。
(今となっては両方買っておけばよかったなぁと思うのですが)

 

私は左手中指に指輪をすることが多いんですね。
普段は自作のシンプルなシルバーリングを着けています。
これは日替わりでつけるかなーと思っていたのですが、
いたずらにふたつとも着けてみたら、意外といいコンビネーション!

R0013118

ヘナで指先がとんでもないことになっていますが、お察しください。
異素材の組み合わせって、なかなかいいですよね。
気に入ったのでしばらくこれで過ごそうかな。

 

ご主人も丁寧な説明をしてくださる、とても感じのいい方でした。
「陶芸で木目を表現することに凝ってるんです」という話をしたら、
陶芸の手法、ひもづくりを応用して作った作品もありますよ、と教えてくださったり。
これはめずらしい。

20140430_fb0b19
クルミと真鍮のデミタスカップ

 

lightmillさんと同様、元々は家具職人だとか。
木工をやるには家具から入るのがいいのかな……
(また自分でやりたい病)

ブース全景も撮らせていただきました。

IMG_2390

 

ヘラのようなスプーンや、大きめのボタンなど、個性的なアイテムが揃っていましたよ!

またどこかでお会いしたいです。そして楢の木切り出しの小物入れが残っていますように。

 


ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

ページトップへ戻る
debug mode