アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

伸び猫のライターカバー

最近、陶芸の更新ばかりしていますが
他の手芸もやっています。
当然、陶芸教室が休みの日とか授業時間以外は
陶芸できませんので……。

本日はレザークラフトの制作風景をご紹介しようかなと思います。
まず完成品からお見せしますね。

2014-07-25 06.37.48

猫が伸びをしているグリップが付いたライターカバーです。
これはどこでも売っているBICライター(小)に合わせて作ってありますので
ガスが切れても入れ替えが可能です。

では、作り方。

まずは型紙を用意します。というか用意してあります。
Adobe IllustratorとOA用紙、厚紙を使っています。

2014-07-25 05.21.56

2つあるのは、厚い革と薄い革でフィット感が違うので
それぞれに作ってあります。

型紙に合わせて革に吟ペンでけがきます。

2014-07-25 05.25.45

ケガキ線に合わせてカットした
革の裏面をきれいにします(床磨き)。

2014-07-25 05.58.21

縫うラインの溝と、それに沿った下穴をあけます。

2014-07-25 05.58.40

接着面に革用の接着剤をつけて、貼り付けます。

2014-07-25 06.00.21

針を使って縫い穴が合っているかの確認。

2014-07-25 06.03.49

縫っている途中の写真を撮り忘れましたが、
最後の糸処理をしているところ。

2014-07-25 06.21.49

このままでは革の切断面が美しくないので

2014-07-25 06.27.15

2枚合わせて「コバ磨き」という作業をすると

2014-07-25 06.35.37

1枚革のように綺麗になります。
(胴体部分)

最後にしっぽ部分にポンチで穴を開けて、

2014-07-25 06.36.04

金具をつけたらできあがりです。

2014-07-25 06.37.48

 

 

これも手作り市で販売しようかと思っていますが
革細工をする方なら簡単に作れますので、
需要があるようなら型紙を公開しようかなと思ってますよ。
お気軽にコメントかお問い合わせフォームからご連絡くださいね。


コメント:

  1. […] 以前ご紹介した「伸び猫のライターカバー」(試作品)の 商品分を取り急ぎ量産。 […]

ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

ページトップへ戻る
debug mode