アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

100円ハンドミキサーの改造

先日、なにげなくinstagramの
#mehndiタグを眺めていたら、
ペーストを練るのにハンディミキサーを
使っている方を見ました。

たしかにあれ大変なんですよね。
艷やかになるまで5分以上練らなきゃいけない。

早速真似しようと、「ダ○ソーに似たのあったよな」
と思いつつ散策したら、ありました。
さすがダ○ソーさん、なんでもある。

ただ、これドレッシング用でして、
「卵黄など粘性の高いものには使用しないでください」
の注意書きが。

案の定、ペーストを捏ねてみたら
使い物になりませんでした。
トルクが弱くて途中で止まってしまう。

 

なら、高トルクにすればいいじゃない。
(間違った発想)

早速分解されるかわいそうなハンディミキサー。

2014-07-30 01.03.35

見てみると、通常サイズのモーターに
簡単な構造の歯車がついてるだけっぽい。

これなら行ける!と、高トルクモーターを
Amazonでポチり。

plasma_dash

パッケージだけでわくわくしますね(ミニ四駆世代)。
公式レースで禁止されるほどのハイパワーモーターです。

正直、樹脂パーツが持たなそうなので
もっと下のグレードでよかったのですが、
Amazonプライムで安さに負けました。

 

さっそく装着。

作業自体は簡単なものでした(当社比)。
まず分解、元のモータに付いている小さな
樹脂歯車をラジオペンチなどで外して、

2014-08-04 08.34.36

プラズマダッシュモーターさんに装着。

2014-08-04 08.35.31

 

あとは元通り組み立てるだけです。

 

見てくださいこの高トルク!
タミヤさんバンザーイ!

という動画もとったのですが、
元の状態の動画を撮り忘れたし
なにも捏ねてないしで割愛します。

 

100円ショップのモーター関係で
お困りの方は試してみたらいかがでしょうか?
試さないですよね。普通の人は試さない。


ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

ページトップへ戻る
debug mode