アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

練込磁器ができるまで その2:木目風模様を作る

前回は色土を1色作ったところで混乱してやめましたが、
日を改めたら気を取り直せましたので全ての色土を作りました。
いよいよ木目模様を作っていきます。

各粘土の確認

模様を作り始めてからですと取り返しがつかないので
ここまでできた色土を確認しておきます。

2014-07-16 16.46.26

全部似たような色に見えると思いますが、
左2つが白、右上ふたつが緑・茶色の色土、
右下ふたつが失透磁土(※)です。
だいたい同じ大きさに、四角のブロックにまとめておきます。

※ 失透磁土とは、普通の磁土に「カオリン」という粉末を加えたもの。
私の使っている磁土は透光性があるのですが、カリオンを混ぜると
透光性を失い、光が透けなくなります。
白い部分にこの失透磁土を含めると、光にかざした時に
面白い表情が出せるのです。

磁土は焼くと(少し青みががった)真っ白になりますので、
色は濃く出がちなんですね。
こんなに同じ色に見えてても
実は現時点では色が濃すぎたと感じています。

テストピースを基に計算してあるとはいえ、
焼き上がりまで色の加減が分かりません。
そこが練込で最も難しいところです。

ここからは、乾かないように
ことあるごとに霧吹きをかけて柔らかさを保ちます。

模様にしていきます

いよいよ本格的に練込の作業に入ってきます。

私の作る木目シリーズはとてもシンプルですので
これといって特筆することはないのですが……。

まず、各色を設計に沿って重ねます。

2014-07-16 17.03.07

上から、白・茶・失透磁土・白・緑・失透磁土、です。
かなり色が同じでわかりづらいですね;

下に敷いてあるのはスポンジシート。
磁土を扱うにあたって、とても適した素材です。

 

これを高さを抑えながら伸ばし、半分に切って重ねます。

2014-07-16 17.05.37 2014-07-16 17.07.31

ちなみに右の写真上部に写っているのは、
青竹から作ったオリジナルの道具です。

 

この手順を4回~5回繰り返して、まずはストライプ模様を作ります。

2014-07-16 17.11.42

断面は比較的わかりやすいですね。
2回繰り返した時点の写真です。

ちなみにここまでかなり空気が入っていますが、
最終段階で気泡が抜けるのであまり気にせず
作業してしまいます。

満足のいく幅のストライプに仕上がったら、
伸ばしたり縮めたりしつつ歪ませます。
ここで木目っぽくなるんですね。

型紙に合わせて形をまとめる

型紙に合わせてちょうどいい大きさの
楕円にまとめます。

2014-07-16 17.41.06

スライスする

いざ、模様の確認。
3mmのタタラ板を使って、切り糸でスライスしていきます。
この瞬間は練込作陶で2番目に大好きな瞬間ですね。
ちなみに1番はもちろん焼き上がりです。感動する。

 

スライスすると、きれいな木目風の模様が出ました!

2014-07-16 17.50.25

最初に柔らかくしておくのは、この工程で硬すぎると
うまくスライスしきれなくなってしまうためです。

 

長くなりましたので、次回に続きます


ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

関連する記事

ページトップへ戻る
debug mode