アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

練込磁器ができるまで その4:成形

成形

スライスしたたたらをきれいにしたら、やっと成形です。

手ろくろの上に用意した石膏型の上にたたらを置いて
押し付けて形を作っていきます。

2014-07-16 17.39.37

 

私の作る器の形の特長は
この石膏型によるところが大きいです。

練込の本をたくさん書かれている
室伏英治先生の影響ではあるのですが。
(ここまで本の紹介をしていなかったのが考えられない)

押し付けたたたらの形をよりはっきりさせるために
なめし革で表面をなぞります。

2014-07-16 18.21.40

 

乾かす前に、ハンコを捺しておきます。

2014-07-16 18.24.17

この時点でこんなに色が見えているのは、
完全に焼いたら濃すぎるパターンです……
しかも木目ももう少し細かくしたかった。
練込は難しいですね。

 

乾燥

普通の陶土での板作りでは、石膏型が水を吸って
きちんと形になるのですが
磁土は腰が弱くてこのまま型を外すと形が崩れてしまいます。

そこで、企業秘密ばりの方法をとります。
まあそんなに大したことではないので紹介してしまいますが
普通ありえません。

2014-07-16 18.24.53

石膏型にかぶせたまま、ドライヤーで乾かします。

※ この方法はまだ成功が確立していません。
絶対に真似しないでください。
→ 8/7追記: セーフでした。きちんと焼けましたよ。

これは先生と徹夜ぎみで作業しているときに
ハイテンションで思いついた方法。
このまま買い物に行って帰ってきたら
真っ白になっていて大笑いしたのはいい思い出です。

型を外す

石膏型にかぶせたままの乾いたたたらに
小さな板をかぶせ、ひっくり返します。

2014-07-16 18.35.37

そのまま石膏型を引き抜くと……

2014-07-16 18.36.35

 

成形完了です!

 

次は素焼き前の仕上げ作業
よろしかったらまたご覧ください。

 


コメント:

  1. […] ます。 ので、私はドライヤーで乾かすという強引な方法をとっています。 […]

ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

関連する記事

ページトップへ戻る
debug mode