アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

練込磁器ができるまで その3:スライス

前回の記事でスライスまで紹介してしまいましたが、
よりによってクライマックスのところ
もうちょっと写真を撮ってあったようなので
少し時間が戻ります。

スライス準備

スライスする前に、模様が出来上がっている
粘土の形を整えます。
こうしておかないとロスが多くてもったいないので。
(実は前回学んだので初の試み)

もともと四角くできているブロックですが、
型紙に合わせて楕円にします。

2014-07-16 17.41.06

 

スライス

ここでやっとスライス。
粘土の左右に見えてるのが「たたら板」です。

2014-07-16 17.42.42

両手使うので写真が撮れなかったのですが、
この板の上に切り糸を押し付けて
手前にぐぐーっと引っ張ると
板の厚みに合わせてスライスできるという寸法です。
切った粘土を、「たたら」と呼びます。
練り込みじゃなくてもよく使われる道具ですね。

私が使うのは3mmのたたら板。
通常の陶土ではもたないので、あまり使われない厚さです。
磁土は焼きあがると、とっても丈夫なのです。

よく見ていただくとわかりますが、この時点では
かなり気泡が入っています。
そこで次の工程。

叩く

布の間に挟んで、砂袋でこれでもかと言うほど叩きます。
布目がついてしまうとヤスリがけが大変なので
目が細かい布を使っています。

2014-07-16 17.44.30

 

それこそもう親の敵のように叩いています。
そうすることで、気泡が抜けるんですね。
気泡に親を殺されたかの勢いです。

私は「叩けばなんとかなる教」と言っていますが、
練込は叩いてればなんとかなります。
教祖は砂袋さんです。

平らにする

叩きすぎてぼこぼこになった、かわいそうなたたらを
めん棒で平らにしてあげます。
お菓子なんかに使われるアレです。

2014-07-16 17.51.24

ここで登場するのが前回の記事で載せた写真ですが
かなり気泡が抜けて綺麗になってるのが
お分かりいただけるかと思います。

2014-07-16 17.50.25

3mmのものをこれでもかというほど叩きますので、
この時点で2mmくらい。ものすごい薄いです。怖いです。
全ては透ける器のため……

型紙に合わせてカット

先ほどの型紙をもう一度あてて、
石膏型にちょうどいいサイズに切り出します。
デザインナイフを使っています。

2014-07-16 17.53.23

 

 

次はいよいよ成形です。
よかったらまた続きをご覧になってください。


コメント:

  1. […] « 練込磁器ができるまで その3:スライス | […]

ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

関連する記事

ページトップへ戻る
debug mode