アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

窯詰め、大詰め。

教室の先生と相談して、
本焼きの窯借り上げの日取りが決まりまして。

そう、窯を借り上げるんです。

 

通常、陶芸教室の会員さんは
ひとつ焼くたびに、ひとつぶんの焼成費を払っているんですね。

今回、私は大量に作品を作ったため
試算したら、とてもじゃないけど高額すぎる。

というわけで、手作り市参加を決めた際、同時に窯を借り上げる決心をしました。
決して安いものではないですが、ひとつずつ払うよりは、と。

借りるからには、満杯にしないともったいないわけです。
それで作品を作りためているんですね。
(作品紹介が滞って、10月頭に一気に集中する理由でもあります)

 

ところが。

作品のサイズと、窯のサイズ、
釜に入れる板のサイズをはかって図面をひいて
窯詰めの計画をしてみたら。

IMG_2430-001

「こんなに作ったっけ……」 と、
「こんなに作ってどうするんだ(在庫的な意味で)」
な感じです。

実際まだ制作してないぶんもあるのですが、やっちまった感ハンパないです。
しかもスケジュールからいくと、まだ作りたいものがあるという状態。

 

どうなるんでしょう。どうするんでしょう。
溢れるぶんを諦めるか、単体で焼くか、もう作るのを止めるか。

だいたいにして、こんなにためて失敗したらどうするのか。怖い。


ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

関連する記事

ページトップへ戻る
debug mode