アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

作陶、ひとつの区切り。と……

こんな子でもマニュアル無しで更新できるサイトを構築した
私ってすごいんじゃないかと思い始めました。

 

9/24の窯借上げ前に、確認しておきたかったサンプルたちを
昨日窯詰めしました。一昨日はその準備で大わらわ。

まだ仕上げてないのが、3種類のべ7つくらいあったでしょうか。
それを2時間半でガーッと。ガーッとやりました。

特に大変だったのはこの子たちでしたかね。
以前、「たまには手びねりでも」とご紹介した子たち。

IMG_2462

 

全面に釉薬をかけて、つるっとさせたかったため
吊って焼くしかなかったんですが、これの準備が怖い怖い。

なにになるのかは相変わらず秘密ですが、日曜には焼きあがるので
写真を撮ったらご紹介しますね。きっとかわいいです。

 

そして。

24日の本焼き前にやっておかなくてはならない素焼き分も、
乾燥などなど考えると昨日がリミットでした。まさかの2日連続ハードワーク。

気に入っている練り込みの角波貝皿、色違いを作っておきたかったんです。
まあ正直、食器としては使いづらいのでそんなに売れないとは思うんですが(笑)

IMG_2471

何色になるのかは焼きあがってからのお楽しみにしましょうか。
ちょっと逃げ腰で薄い色にしすぎたかも分かりません。

2kgの粘土を使って、計9枚とれました。2枚は若干の角度ミスですが許容範囲。

前回のトルコの時には、全く同じ手順で8枚、うち2枚が大失敗でしたので、
ちょっとは上達したかな?ロスも少なかったです

 

これでようやく、作陶のほうは一段落。
まだまだヤスリ・釉薬がけなどの作業は残りますが、頭を使うところは終わりました。

 

と、いうことで。
革です!やっときた!

IMG_2472

材と消耗品を入手してから、ずっとやりたかったんですが時間がとれなかったんです。うれしいなー。作陶ももちろん好きですが、革も好き。きれいな色のいい革だし。
はやく作ってずらっと並べたいです。

 

しかし何屋さんになるんでしょうね、本当……


コメント:

  1. […] 陶芸が一段落したところで、革細工をやっていました。 […]

  2. […] 2014. 09. 05 (金) : 作陶、ひとつの区切り。と…… […]

  3. […] 先日、「あとはヤスリがけと釉薬掛けだけだし」みたいに 余裕こいた記事を書いていた陶磁器の制作ですが、 窯入れまで1週間、作業できる日が4日しかないことに 一昨日気づきました […]

ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

関連する記事

ページトップへ戻る
debug mode