アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

ひょうたん皿の成形

手作り市の話題中心で
すっかり忘れ去られた感のあるひょうたん皿ですが
ちゃんと制作は進んでいますよ。

平たく作った皿を、ちょっと変わった形にするために
超鋼カンナで削りました。

IMG_2777 IMG_2776

左が作業前、右が作業後です。
上面がまっすぐを、レンゲが2つくっついた形にする作業です。

で、超鋼カンナというものはこういうもの。

IMG_2833

これでカリカリ削っていくわけですね。
あんまり磁土以外で使ってるイメージない道具かも。

磁土を削るときは、「完全に乾燥する直前」がベストです。
完全に乾いてしまうと硬くて骨が折れるし、
とはいえ生だとカッテージチーズみたいにばさばさになってしまいます。

しかしこの「完全に乾燥する直前」、
最も削りやすいんですが、最も脆いんですね。

案の定、5枚中2枚割りました……
3色セットなんですが、ピンクは1枚しかマトモなのが無くなってしまいました。
釉掛けどうしようかなぁ。

 

その後は、おまけのぷりけつさん(仮)を作りました。
先方さん見てないと思うので書いちゃうけど、
お皿につけるサプライズプレゼントです。

 IMG_2845IMG_2841

もともとひょうたん皿にはアロマストーンを置く想定なので
ストーンは買ってくる予定でした。

でも、あれ別に単なる素焼きなので、作ってしまおうと。
シンプルな豆型のアロマストーンを5×3の15個に、
人型のぷりけつさんを添えてみようかな、と思って。
まあぶっちゃけ既製品のパクリなのですが、既成品サイズが大きすぎたので。

乾燥もろもろを考えると、20日の素焼き窯に入れるには
昨日がリミットだったんですね。

寝っ転がっている人は教室で作れたのですが、そこでタイムリミット。
まさかの自宅に磁土持ち帰りで手びねりしていました・笑

うまいこと焼けるかなー。


コメント:

  1. […] 先日、ひょうたん皿に載せるとご紹介した アロマストーンですが、お皿より一足先に できあがりました。 […]

  2. […] 牲を乗り越えて、 3色2枚ずつ、計6枚はきれいに形のとれた、 ひょうたん皿の最後の作業。 […]

ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

関連する記事

ページトップへ戻る
debug mode