アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

磁土練り込み「一見白いお皿」を作っています

陶芸教室お盆休み終了=水を得た魚。
ナギサです、こんにちは。

昨日も木目皿を作っていました。

今回使用した粘土はこちら(休み前に作ってありました)。

IMG_2405

 

一見、ピンクと白に見えます。

IMG_2406

実はこれ、どちらも白なんですね。

IMG_2407

なにが違うかというと、

IMG_2408

ピンクの方は失透磁土(光が透けない粘土)です。

IMG_2409

白いほうはいつもどおり、透光性のある粘土。

IMG_2411

両方とも白いとわけがわからないので、
失透には食紅で色を付けてあるんですね。

食紅は焼いた段階で燃え尽きますので、
結果として失透と透光の練込模様となります。

要するに、一見すると普通の白いお皿だけれど、
光にかざすと木目が見える!みたいのになるはずです。
机上の空論です。

 

ここで写真を撮り忘れていきなり飛びますが

IMG_2413

模様を作るとこういう塊になって、

IMG_2414

こうです。スライスして叩きました

石膏型にかぶせて、

IMG_2415

こうです。

IMG_2417

 

正直、文章だけだともたないので、写真で誤魔化したフシはあります。
こう連続写真的に載せるとかなり簡単にいっぱいできそうですが
結構時間はかかってますヨ。

果たして、狙い通りに焼きあがるのか。できあがりが楽しみです。

 


コメント:

  1. にぃやん より:

    すげーざっくりだけど、メッチャ凄いカッコいいデザインですね♪

ご意見をお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

同じカテゴリの記事

関連する記事

ページトップへ戻る
debug mode