アクセサリ・陶磁器・雑貨の手作りユニット

うたかたファクトリー

1 2 3 4 5 52

カラフルフリーカップ

先日「作家名を変えようかなと思ってます」で
制作中の写真をちらっと載せたんですが、
かっこいい写真を撮ってもらったのでやっとお披露目です。

カラフルなフリーカップ。

freecups

鋳込みで作った陰影のある形と
ポップでカラフルな印象の配色が特徴です。

色は全部で6色。

blue red yello
orange violet green

上段の青・赤・黄色が原色で、下は混色なのですが
混色はまあまあ難しいです。

オレンジのつもりが赤とほとんど同じだったり
紫のつもりが濃すぎちゃったり。

試行錯誤ですねー。


ちなみに写真は友達のフォトグラファーに撮ってもらいました。
ちゃっかり家まで来てもらって
「この部屋できれいにとる方法も教えてほしい」なんて。

きれいに写真がとれそうな、大きな窓と白背景がたくさんある
お部屋に引っ越したのはまた次の機会にでも。

東京防災(防災ハンドブック)

ご、ご無沙汰しています……。
なにをしていたかというと、サーバのお引越しをしていました。
データベースとファイルのバックアップをとって
Webサーバの設定をして……ここでする話じゃないですね。

ここでする話じゃないことが続きますが、
ほかに発信するところがないのでここに書きます。

まずは熊本で被災された方たちに祈りを。
この記事は届かないでしょうが、せめて亡くなった方のご冥福と、
生き残ったみなさんが快適に避難生活を送れるように、
お祈り申し上げます。

それをきっかけに改めて防災について考えました。

そのなかで、東京都が配布した「東京防災」という本を知りました。
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/

とてもいい本です。内容もデザイン的にもすごく見やすい。
いますぐできることから、逃げ方、避難生活の過ごし方、
応急手当や設備の使い方まで様々な情報が網羅されています。

20p7o402_ページ_2
20p7o412_ページ_04

印刷された本が好評ですぐなくなってしまったらしく
PDFも配られていたので、もしもの時のために
スマートフォンに保存してオフラインでも見れるようにと思ったんですが、
章ごとにファイルが分かれていたり
スマートフォンで閲覧するには見開きで少し見づらくて。

勝手にですが、自分用に頁割を片面ずつにして
リンクを貼りなおしてPDFに出力しなおしましたので
こっそりおすそ分けしようかとここに残しておきます。
(ひとまとめにしたんでちょっと重いです。27MBくらい。)

http://utakata.jp/tokyoEmergencyBook.pdf

本当は無許可で再配布なんてモラル的にいけないので
こっそりと。

PCでご覧になっていてスマートフォンで見たい方は
こちらのQRコードを読み取ってください。

QRcode

ほんとうに必要なときにはインターネットも繋がらないかもしれません。
ローカルに保存していつでも見れるようにしておくことをお勧めします。

iPhoneでその方法がわからない方は
こういったページで調べてみてください。

iPhoneのSafariでWebサイトからPDFファイルをダウンロード・保存する | iPhoneWave
http://www.ipodwave.com/iphone/howto/pdf_safari_download.html

作家名を変えようかなと思っています

image

 

こんにちは。ナギサです。

という名前でやってきたのですが、なんとなく「作家名ってカッコいいなー」と思っていました。

自分の名前気に入ってるし……と思ってなかなか決めかねたのですが、

「渚」の別読み、ミギワをローマ字にして作品に銘いれてみたらなかなかカッコよくて。

今後、モノづくり系はMIGIWAという名前で活動しようかなと思っているところです。

このサイトはあちこちシステム改修しなくちゃだし、ぼちぼちですけどね。

1 2 3 4 5 52

ページトップへ戻る
debug mode